Tシャツ豆知識・Tシャツの保管、収納のアイデアとシワ対策

Tシャツの保管、収納のアイデアとシワ対策についてご紹介する記事です。Tシャツは、かんたんにハンガーに掛けて保管するという人が多いと思います。季節により着る頻度が増減するTシャツは、着方も人によりさまざまなので、保管、収納方法もさまざま。この記事で紹介するアイデアを参考に、ご自身のスタイルに合った保管、収納方法を実践してみてください。

Tシャツの保管、収納のアイデア

Tシャツは着る頻度が多いので、かんたんにハンガーに掛けて保管するという人が多いと思います。普段ならそれでもいいのですが、季節により着る頻度は増減しますし、人によってもTシャツの着方には違いがあるでしょう。この記事ではTシャツを上手に保管、収納するアイデアをいくつか紹介していますので、ご自身のスタイルに合った方法を試してみてください。また、洗濯や保管の際につきやすいシワ対策についても紹介していますので参考にしてください。

無印良品のシャツ用ハンガーを使う

ハンガーに掛けてTシャツを保管する。おそらく、多くの方がすでにこの方法をとっているはずですが、あえて最初にご紹介しましょう。Tシャツをハンガーに掛けて保管すると、プリントも確認しやすいためとても便利です。しかし、ハンガーに掛けることで首回りが伸びてしまったり、長い間掛け続けることで裾が伸びてしまったりすることがあります。また、肩の辺りにハンガー痕がついてしまうこともあり、ハンガー以外の収納方法を探している人もいらっしゃると思います。

しかし、あえてハンガーから紹介しましょう。無印良品の「洗濯用ハンガー・シャツ用」です。こちらの商品の特徴は、ハンガー中央部分の窪みがあること。この窪みを使うことで、Tシャツやシャツの首を伸ばさずにハンガーに掛けることができます。軽く、ハンガー痕も残りにくい形状なので、それほど長期間の保管でなければ、かなり便利に使えること間違いなしです。

ポリプロピレンでできたこの商品には2つのサイズがあり、大きいサイズはメンズのシャツ用に、小さいサイズはレディスや子供用シャツに便利です。

無印良品の吊せる収納を使う

無印良品の「吊せる収納・シャツポケット」は、一見スーツのカバーのようにも見える優れもの。ハンガーのようにクローゼットに吊せる長方形のグッズには、メッシュのシャツ収納用ポケットが5段あり、1段につき折り畳んだTシャツを2枚収納可能です。1枚でハンガーに掛けるよりもスペースの節約になりますが、少しかさばりますのでそのあたりは考慮が必要です。

コクヨのファイル用ホルダー

ステイショナリーのコクヨから発売されている「PP製個別ホルダー」は、Tシャツの収納に応用可能なグッズです。こちらはA4サイズのファイルホルダーなので、このファイルホルダーがちょうどフィットする、A4サイズのファイルボックスも同時に用意します。コクヨのファイルホルダーに畳んだTシャツをセットし、ファイルボックスに詰めて保管します。こうするとTシャツを縦に、そして柄が見えるように収納することができてとても便利です。

ダイソーのトレー&ラック

ダイソーなどの100円ショップで売られているトレー類もTシャツの保管、収納に便利なグッズです。こちらでご紹介するのはダイソーの「ジョイントA4トレー」と「ジョイントA4ラック」。これらは名前のとおり、数を揃えることでジョイントさせて使うことができます。トレーは引き出し型なので、何段重ねても手前に引き出すだけで取り出しかんたん。薄手のTシャツなら3~4枚程度を1段に収納可能です。

Tシャツ専用収納ボックス

Tシャツ専用の収納ボックスも販売されています。バンドー株式会社の「TATEMU」がそれ。このTシャツ専用の収納ボックスは1セット6枚入り。1枚の収納ボックスにつき1枚のTシャツを収納可能です。このTシャツ専用収納ボックスを使うと、Tシャツを本のように立てて収納可能。TATEMUは、Tシャツを引き出しや本棚など、あらゆる場所への保管、収納を可能にする便利グッズです。Tシャツのたたみ方の解説付き。

ファイルケース

100円ショップや量販店などで販売されている、A4程度の大きさの透明なファイルケース。こちらもステイショナリーですが、この手のグッズはTシャツの収納に威力を発揮します。ケース自体にある程度の厚みがあれば複数のTシャツを畳んで収納できますし、ケースなので縦でも横でも好きな向きに置くことが可能。型崩れもしにくく、ケースごと取り出せて便利です。

突っ張り棒を使って仕切りに

100円ショップなどで売られている短めの突っ張り棒は、Tシャツの整理整頓に使いやすいアイテムです。クローゼットの引き出しに突っ張り棒を使って仕切りを設けると、Tシャツをきれいに分類して保管することができます。ちょうどいい仕切りやボックスがないときにとても便利です。

Tシャツのシワ対策

ここからはTシャツのシワ対策についてご紹介します。シワは洗濯時、もしくは保管時にできやすく、特にコットン100%のTシャツはシワができやすいことで知られています。Tシャツのシワ対策は洗濯時の工夫が基本なので、普段から対策するようにしましょう。

ぬるま湯で手洗い

ぬるま湯での手洗いです。さすがにすべてのTシャツを手洗いするとなるとたいへんなので、特に大切にしているTシャツだけでもいいので実践してみてください。ぬるま湯を使うと洗剤の効果が上がるので、手洗いでも皮脂汚れを落としやすくなります。Tシャツはプリントを保護するために裏返し、漂白剤は使わず、やさしくもみ洗いしましょう。洗ったあとはギュッと絞るのではなく、タオルなどに挟んで脱水しましょう。

洗濯ネットを使う

洗濯機でTシャツを洗う場合は、必ず洗濯ネットを使いましょう。Tシャツはボディを裏返しにして1枚の洗濯ネットに1枚のTシャツを入れて洗います。洗濯ネットを使うと、他の洗濯物と擦れ合うことがないため、ボディの毛羽立ちや毛玉の発生を防ぐことが可能です。

干すときは日陰に

Tシャツは、洗濯が終わったら、形を整えて陰干しします。Tシャツは自重でも伸びやすいので、脱水はしっかり行ってください。日なたに置けばすぐに乾くことは確かですが、特にプリントは日光により傷つく可能性があるので、日陰において乾かします。

Tシャツがシワになってしまったら

気をつけて洗っても、気をつけて保管しても、Tシャツがシワになってしまうときはあります。ただ、ご安心ください。Tシャツにシワができてしまったときに手軽に直す方法があります。

それはTシャツといっしょにお風呂に入ること…といってもいっしょに湯船には入りません。お風呂に入りながら、少しの間、お風呂場に吊しておきます。すると、Tシャツが湯気を吸収し、シワが目立たなくなります。ぜひお試しを。Tシャツといっしょにお風呂に入っている時間がない人は、スチーマーやアイロンのスチーム機能を利用してください。

Tシャツの保管、収納のアイデアとシワ対策・まとめ

Tシャツ専門の収納ケースも便利ですが、レタートレーやファイルケースなどのステイショナリーもTシャツ収納に便利に使うことができます。100円ショップや量販店に行ったときに、Tシャツにフィットしそうなグッズを探してみてください。また、Tシャツのシワは、洗濯と干し方、保管方法をしっかりマスターすれば、ある程度は防ぐことができます。